0
You have 0 items in your cart

ペットフードへのより深い配慮

欧州連合の国々では動物福祉と健康への関心が高まっています。動物と人間の関係はどうあるべきか
という考え自体は数世紀前から存在しましたが、動物福祉政策は比較的新しい公共政策です。近年、こ
のポリシーはますます重要になってきています。
動物福祉の概念は欧州連合の条約の第13条に定められています。「動物が健康で快適で十分に餌を与
えられ安全であり自然の性質に従って行動できる場合に動物の幸福は適切である」と見なされます。
生命を尊重する必要性は倫理的な問題としてだけでなく地球規模の生態系の問題としても認知されて
います。ペットは家族の一員として、人々の生活に大きな喜びをもたらします。ペットがいつまでもそのよ
うな状態でいられるようにするのが食べ物です。適切な給餌と高品質の食品はペットの健康寿命を延
ばすことができます。
ペットに適した食品を選択することは困難な作業です。必要な栄養素がすべて含まれているのか、食品
の安全性を確保するためにどのような研究が行われているのか、味が良いのか、動物の体はそれを受
けいられのか…など様々な疑問が浮かぶはずです。特に特殊な状況に置かれたペットのための食品は
ペットの食事の100%を占めるため必要な栄養素をすべて含んでいる必要があります。そのような食品
の安全性、美味しさ、栄養を確保するためには、特別な責任を持って品質の保証プロセスを開発し、実
施する必要があると理解されています。
動物飼料会社の活動は国際的な品質管理と製品の安全基準に従って組織されており、これらはすべて
の業務段階で実施されています。生産チェーンは原材料から最終製品の生産まですべてが管理されて
います。生産過程で革新的なソリューションを導入し、製品の品質管理を行っています。それぞれのペッ
トに最適なペットフードを提供することが極めて重要です。この分野で働く栄養士は真の動物愛好家で
あり、家族に子猫がいることの意味をよく知っています。
市場に出回っているペットフードの種類は非常に多様です。動物の体重を減らしたり、アレルゲンを減ら
したり、ペットの皮膚の問題、糖尿病、感染症、その他の病気と戦ったり、特別なニーズを持つ動物を助
けたり、手術後にペットが回復するのに役立つように特別に設計されたりする食品がすでに提供されて
います。
ペットに最適なユニバーサルフィードは1つもないことを認識している専門のペットフードメーカーは、
さまざまに個別化された商品ラインナップを提供しています。それぞれのペットの課題を解決するユニ
ークで特徴的なペットフードには、スーパーフードや有機成分、革新的なタンパク質源が補充されたも
のも販売されています。これらの飼料にはスーパーフード(緑茶、キンセンカ、ココナッツオイル、スペイン
のセージ(チア)シード、ゴジ、クランベリーなど)が含まれているため特に価値があります。これらの成
分は高濃度の栄養素を含み天然の抗酸化物質です。消化しやすくアレルゲンのない製品が急速に人気
を集めています。
もう1つの革新的な技術はフリーズドライ(凍結乾燥)食品です。凍結乾燥工程では防腐剤や合成添加物
を使用しないため食品の分子が損傷することはありません。食べ物は乾燥以前と同じ健康で自然なま
まです。
特殊な環境にいる動物向け食品についての将来の発展も明るいです。現在の消費者のニーズを理解し
、幅広い視野を持ちながら栄養哲学の起源を掘り下げ、ペットのためのより良い世界を作り上げること
が重要です。

Related Posts