よくあるご質問(FAQ)

よくあるご質問(FAQ)

① まず最初にディーパーをフル充電していただきます。続きましてUSBケーブルでコンピュータに接続します。携帯電話のWI-FI設定で色々なネットワークが表示されます。 ② Deeper PRO+のネットワークを選んで、12345678のパスワードを入力します。 ここで全角の数字ではなく、半角の数字での入力をお願い致します。 パスワードを入力していただきますと、インターネット未接続」とオレンジの文字で書かれていますが、正常です。Deeperは本体自体がwifiルータ機能を果たしており、モバイルデータ通信等他のインターネット回線を使っておりませんので、そのまま【インターネット未接続】でお使い頂いて大丈夫です。 ③ Deeper本体内のWifiが起動するためには、Deeperが水面に接している状態、もしくはパソコン等に繋いであるような充電中の状態である必要がございます。 Deeper内のWifi起動の確認のために、例えばパソコンに繋いでいただいたままの状態で、携帯内のディーパーアプリを開いていただきます。そこで「設定」→「Deeperを管理」を選ぶと、ディーパー本体とスマホが接続されているかご確認いただきます。
① お客様がご使用されているスマホの「設定」より「モバイルデータ通信」をお選びいただき、「モバイルデータ通信」をオフにしてください。 同じ画面の下までスクロールしますと「WI-FIアシスト」がございますが、それもオフにしてください。 ディーパーが携帯あるいはタブレットと離れる(特に遠くキャストした場合に)と携帯はより強い信号を探知します。それ故に携帯電話などが使用しているモバイルデータの通信をオフにしていただく必要がございます。 ② ボート上でご使用される時に、おそらくディーパーをフレクシバルアームマウントに取り付け、ご使用されているかと思うのですが、その場合にボートで走ると、波がある時にディーパーが飛び出ることがございます。 ディーパー本体が水との接触を失うとタブレットや携帯との接続が切れてしまいます。ユーザーの皆様にはご不便おかけしておりますが、今後このような問題を解決すべくメーカー側に置きましても現在新たなデザインを研究開発中でございます。 ③ ボートが走るスピードも接続の安定性に影響します。ディーパーをボートに取り付けながらご使用する際はボートのスピードを5 km/hまで抑えていただくようお勧めしております。 ④ ボートでの使用時に、ディーパーをひもに取り付け、ボートの横に浮かばせる際には、なるべくディーパー本体やタブレット形態の間に障害物がないようにお願い致します。例えばディーパーをボートに接しながら浮かばせるときに、携帯やタブレットとの間にボートの金属や分厚い木製の板がある場合にシグナルの妨害になることがございまして、接続の安定性に影響してしまいます。
製品それぞれの通信可能距離範囲内に関わらず通信が切れてしまう場合下記事項をご確認ください。 ・使用場所近くに高圧線や鉄塔など電波干渉になるものがないか。 ・スマートフォンをコンクリートや岩などの上に置いていないか。 コンクリートや岩や砂などは電波を反射させる性質があるため正常に通信が行えず通信距離が短くなる場合がございます。 ・RPOとPRO+モデルの場合DeeperではなくモバイルWiFiなどのWiFiルーターに接続されていないか。 iPhoneやAndroidスマートフォンはより強く接続可能なWiFiに接続しようとするためDeeperが離れることにより近くのルーター接続に切り替わっている場合があります。その場合は、該当のWiFiルーターの電源をOFFにするなどお試しください。 ・釣り糸を通す金具の取り付け場所が釣りの方法と相違していますとキャスティング後センサー部が正常に水面に接しないため、電源がONにならない場合があります。 ・Androidスマートフォンの場合節電モード(画面OFF)になった際WiFi接続を無効にする機能などが搭載されている場合があります。(本体機能または節電アプリ)これらの機能やアプリにより1度通信が切断されますと再度接続操作が必要となりますので同機能を無効にするなどお試しください。
Deeperは節電などを考慮し水に浮いた状態のみで電源が入ります。その為WiFiモデルの場合水から浮いた状態になりますと電源がOFFとなりWiFi通信が一度切断されますが、水に再度着水した際にWiFi通信開始されます。 しかしながら一般のインターネット用のWiFiと同じように1度接続済みのアクセスポイントの場合スマートフォン側にてアクセスポイント(Deeper)を発見次第再接続されますがスマートフォンの 状況によっては自動接続されないデバイス(スマートフォン)や自動接続まで時間を要する場合もございます。 自動接続されない場合につきましてはWiFi設定よりDeeperを再選択し手動にて接続が必要です。
GPS搭載モデルの場合iPhoneやスマートフォンの位置情報を使用しなくともフィッシングされた位置など測位が可能となります。 しかしながら、正確な位置情報を得るためには、3基の衛星をキャッチする必要があり山かげや曇などにて衛星電波がキャッチできない場合位置情報の認識ができない場合があります。また、通常スマートフォンの位置情報にて補完しGPS情報を補っておりますが携帯通信などが行えない場合などはDeeper単独の位置情報のみとなりますので測位が完了するまで時間がかかる場合がございます。
RPOとPRO+モデルの接続時パスワードはすべて「12345678」となっております
ご使用頂いているスマートフォンOSによっては本製品を経由してインターネットへ通信を行っている状況ではないためステータスバーでは接続状況が変化しない(LTE・4G・3G表示のまま)場合がございます。 WiFi接続にて通信が行えているか確認するためには「Deeper」アプリを起動していただき「設定」、「Deeperを管理」にて接続状況の確認が出来ます。
本製品につきましては、水中ソナーとなりますので、バッテリー節約のため 水に浮いている時のh接続および電源が入る仕組みとなっております。 その為、浮きとして利用していない間は、「Deeperは接続されていません」と表示 されますが、故障等ではございません。
本製品に限らず充電バッテリー搭載の製品につきましては充電池の劣化を防ぐため5-6ヶ月に1度は充電器に繋ぎフル充電を実施し保管をして下さい。 放電したまま放置しますと充電池に蓄電する性能が低下し使用できなくなります。 また海などにて使用した場合は海水による塩等による腐食を防ぐため特に電極部分は乾いた布などでしっかり拭き取り、保管をして下さい。
赤LEDが点灯する(全モデル) 充電中や充電開始直後に赤LEDが点灯をする場合iPhoneなどのスマートフォンと接続が 出来ないため点灯致します。 赤いLEDが点灯する場合につきましては再度スマートフォンと接続(ペアリング)を実施し、ペアリング後、再度充電器を接続し直しをお試しください。 また初回充電直後に赤いLEDが点灯し黄色に変化ない場合iPhoneなどの デバイスとのペアリング接続待ちが考えられます。 一度10分以上充電器に接続しその後iPhoneなどとペアリング→アプリ起動→再度充電器接続以上をお試しください。 本製品の推奨充電環境につきましては、1A以上出力のある充電器での充電となっておりますのでUSBポートなどから充電されている場合は、スマートフォン付属のUSBアダプタにて充電をお試しください。 また推奨充電環境にて充電を実施頂いている場合につきましては他の充電器にて 製品を充電し改善が見られるかお試しいただければ幸いです。
Deeper電池保護の為低温時では充電が出来なくなっております。 青いLEDが点灯点滅している場合は、低温時や周囲との温度差がある際劣化を防止するため充電が出来ないお知らせとなってますので時間を置いてから充電、ケーブルの挿し直し、または温かいところへ移動し充電を実施下さい。 製品を置いている接地面が冷たい場合や周囲とバッテリーの温度差がある場合などにも、センサーの関係上、青LEDが点灯点滅致します。
本製品の充電につきましては、製品上部を開けていただきますと、microUSB端子がございますので、iPhoneやスマートフォンに付属のUSB変換アダプタ(1A以下)やPCのなどのUSBポートとDeeper付属のmicroUSBケーブルを使用し充電して下さい。 *出力の高い充電器は使用しないで下さい。他の充電池同様、破損の原因となります。  適正な充電方法以外での充電は、製品保証対象外になるほかにも破損等に繋がりますので、適正な充電にてご利用下さい。 充電を実施頂く際につきましては、充電端子の向きなどに注意し、差し込んで下さい。 *向きを間違えて、差込しますと、端子破損の原因となります。 *製品出荷時、製品の充電はされておりませんので、USBアダプタを使用し、充電を  お願い致します。(充電時間は2~3時間です) *長期間製品を使用しない場合につきましては、保管前に製品を満充電して頂き、1-2ヶ月に1度は製品を充電して下さい。
iPhoneやAndroid OSアップデート後やアプリケーションの更新後正常に起動しない場合や接続がうまくいかない場合につきましては1度アプリを終了していただき、iPhoneやスマートフォンの再起動後再度アプリケーションの実行をし接続、起動出来るかご確認下さい。
PEラインにつきましては基本的に0.18mm(PE1.2号)以上のものを推奨しております。
Wi-Fi 通信はDeeper本体で取得したデータをiPhone/スマートフォンに送信するために使用しますのでWi-Fi通信による通信料などはかかりません。 尚 ボートモードを使用した場合などには地図データのダウンロードのために通信料がかかります。地図データはオフラインマップ機能を使うことであらかじめ端末にデータを ダウンロードしておくことも可能です。
Deeper Pro/Deeper Pro+(Wi-Fiモデル)のWi-Fi 通信はDeeperで取得したデータをiPhone/スマートフォンに送信するために使われるためWi-Fi 通信を利用したインターネット回線は必要ありません。
最新版のアプリケーションより、スマートフォンの電波が使用できない場所・圏外など でも、地図が確認できるよう「オフライン地図」機能が追加となっております。 「オフライン地図」機能をご使用になる際につきましては、事前にユーザー登録が 必要となり、ユーザー登録後、メニュー内「オフライン地図」にて、ご使用になる 地域の地図データをダウンロードしていただくことで、オフライン時でも地図データの 確認が可能となります。 ユーザー登録を行いませんと、地図のダウンロードが出来ず、項目を選択時などに サインインを求められる為、製品をご利用頂く上で、ご登録をお勧めしております。 *お名前・メールアドレス・パスワードをご登録頂きますと、ご登録頂きましたメールアドレス宛に確認メールが送信されますので、メールをご確認頂ますようお願い致します。
アプリ内設定にある「パレット」につきましては、直射日光が当たる場所など、 iPhoneの画面が見づらい場合などに、探知したデータ表示の色彩を変更することが 可能です。 初期設定は「クラシック」に設定されております。 「クラシック」・・・・カラーで表示されます 「明るい」・・・白・青がベースとなります 「暗い」・・・黒・オレンジがベースとなります ご使用環境に応じて、お好みの表示でご確認ください。測定データに差はございません。
本製品を使用される際、本体上部のフタがしっかり固定されているかご確認下さい。 フタが閉まっていませんと、浸水により故障する場合があり、その場合、製品保証での 対応が出来かねます。 また、本製品の重量は約100gとなっております。ご利用される釣り糸の耐性もご確認いただけますようお願い致します。 なお、海釣りなどにてご使用頂いた際につきましては、電極等の腐食を防ぐため 乾いた布などで製品を拭いて頂ますようお願い致します。
使用していただくことが出来ます。 アプリの設定で穴釣り・ワカサギ釣りモードを選んでください。周波数モードは自動的に290kHzに変更されます。
夜釣り用のナイトカバーにつきましては、標準付属の黒いカバーと交換をし装着していただきますと、本体の充電LEDランプが点滅をし、ナイトカバーを透過し、確認頂くことが可能となっております。 ナイトカバーを装着し、夜釣りをお楽しみ頂く際は、アプリ内設定より夜釣りモードをONに変更し、ご使用ください。 *夜釣りモードをONにしませんと、電池節約のため、通電確認のLEDのが数秒点灯点滅し、その後点滅など行われませんのでご注意下さい。 *本モードは電力を通常より使用致しますので、使用可能時間が短くなります。 また、節電のためキャスティングの都度変更が必要です。水から浮かせますとOFFとなります。
本製品につきましては、携帯電話が圏外時でも、WiFiにてスマートフォンと製品を接続し通信を行っておりますので携帯電話の電波は関係なく使用可能です。 *GPS搭載モデルの場合、携帯電話が圏外の場合、測位が完了するまで時間がかかる場合があります。
Deeper につきましては、水に浮くことで自動的に電源が入るよう設計されております。 その為、充電していない場合や水に浮かべていない状態では接続できませんのでご了承下さい。
水深が表示されない場合につきましては、海底に屁泥(ヘドロ)など電波を吸収しやすい性質のある物質が堆積している場合や、探知波乱反射させる砂利などの場合、正常に測定できない場合がございます。 また、海底だけではなく水中に砂など(雨上がりや水が澄んでいない時など)が多くありますと正常に測定できなくなり、表示されない場合があります。 なお、水深が浅い場合、Deeperアプリ内測定画面のメニューにて測定周波数を290kHzにてお試し下さい。 ※ 水深1-2m以下の場合、水深が測定できず、表示されません。  (水温やバッテリー残量は、スマートフォンと接続が正常に行えているため表示されます ※ 水深が本製品の測定可能距離より深い場合も海底地形は表示されません。 ※ 測定可能水深や電波到達可能距離は、最大値となります。水中や海底の状態によっては地形が表示されない場合や通信距離が短くなる場合がございます。(不具合ではございません)
本製品につきましては、アプリケーション上にてマニュアルを確認いただけるよう設計されております。 また、PCなどからご確認いただく場合は、こちらでhttp://balticvision.co.jp/ユーザーマニュアル/ ご確認下さい。
製品のサポートおよび修理は、株式会社Baltic Vision(以下Baltic Vision)が下記の場合行います。 1 正規品(正規販売店)の購入で保証期間内の製品でメーカーが現存する場合 2 ※正規品とは、弊社製品正規取り扱い店様にてご購入頂き、購入証明にて確認が取れる場合 3 弊社が同メーカーの代理店で、修理修復業務を代行している場合 4 日本国内にて販売された製品で、日本国内での使用による不具合の場合 修理について 製品はメーカーの厳正な動作テストを行った上で出荷しておりますが、万が一故障の場合は以下の手順で修理をお申し込みください。 現在、サポートフォームからのみ受付をさせていただいております。 1 弊社サポート受付フォームからご連絡ください。 2 *お問い合せ順にご返信をお送り致しますが、最大で4営業日ほど要する場合がございます。 3 受付フォームより、購入証明および製品の画像をお送り下さい。   (送付前の製品状態や正規品・製品保証期間の確認をさせて頂きます) 4 製品をお買い上げ時の箱、もしくは製品が保護される十分な梱包*の中に入れ、保証書のコピーを添えて送料元払いで弊社サービス&サポート部までお送りください。   ※ 十分な梱包とは、弊社が販売時に製品を梱包した製品保護と同等の物   ※着払いにてご送付いただきますと、ご返送の際着払いでの返送となり 5 ご返送お手続きにお時間がかかる場合がございます。 6 保証書に正規販売店様の印がない場合、購入証明書にて正規販売店様の購入確認をさせていただきますので、必ず購入証明書および保証書をご送付下さい。 お送り頂きました購入証明書につきましては、ご返送出来かねますので必ずコピーをご送付ください。 7 製品検証後、不具合の確認が取れた場合、交換品の発送を行わせていただきます。 *代替品の貸出・引取・出張サポートなどは行っておりません。 8 製品保証につきましては、弊社より出荷した製品本体のみ適用となります。 9 取付・取り外しなどにつきましては、自己負担となります。   ご購入日より保証書に記載の保証期間内であれば、無償で修理調整交換いたします。 また、ご購入後7日以内(初期不良期間)に弊社にて製品の不具合が認められた場合にのみ新品と交換いたします。(交換・修理などのサポートには領収書やレシートなどによる購入証明が必要です) ただし次の場合には保証期間中でも有償(または修理不可)となりますので、 予めご了承ください。なお、本製品の保証は日本国内のみで有効です。 *海外での使用・ご購入は製品保証対象外となります。 保証対象外の場合 マニュアル上に記載のないような不適切な取り扱い、改造等による破損や故障、水漏れ、誤った使用法、放置等お客様のお取扱いが原因の故障や破損、自然災害や火事、事故等の外的要因が原因となる故障や破損、バッテリ等の定期的に交換が必要な消耗部品の交換につきましては保証の対象外となりますので、ご留意いただけますようお願い致します。 この保証は以下の内容を含まれていません。 a) 定期的なメンテナンスと損耗による修理や部品交換。 b) 消耗品(すなわちバッテリのような製品寿命の間に、定期交換をする必要のあるもの)。 c) この取扱説明書に記載されている通常の個人的な使用と一致しない使用、操作、処理によ って引き起こした製品の損害や欠陥。 d) 以下の通り、誤用で引き起こした製品の損傷または変更: ・ネグレクト ・水漏れ、事故、過度の熱、火事、化学薬品、ほこり、他の物質、振動、電力サージ、過剰または不適 ・切な電源や入力電圧、放射線、また照明、他の外力、衝撃などを含んでいる静電放電。 ・製品の物質、コスメチックまたは表面に損傷や変更を引き起こす処置。 ・Deeper取扱説明書の指示に従わないこと。 ・Deeperの安全使用および規制の指示に従わないこと。 ・製品を使用している方法は、現地の技術的または安全に関する法律や基準に一致しないこと 。 ・Deeper、UABに規定された種類、条件および他の標準に一致しない付属品、周辺機器や他の 製品を使用すること。 注意 : 記憶装置類(データを書き込み保管する固定や移動装置)のデータ保証は一切できませんので、必ずバックアップを行ってご使用ください。また本製品の故障またはその使用上生じた直接的 ・ 間接的な損害につきましては、弊社は責任を負いかねます。 開発元によって供給されないハードウェアとソフトウェアの組み合わせにより、本製品が仕様に一致しない場合は保証いたしません。また、本製品に起因する付帯的および派生的な損害についての一切の責任は負いません。
「お問い合せフォーム」よりお問い合せを頂いたのち、製品の送付をお願いすることがございます。 お問い合せ時に正規品確認(画像送付)を実施させていただき、製品到着後順次検証を 実施させて頂きます。 *お問い合せ時に購入証明書の添付がございませんと、正規品確認のためお問い合せ後購入証明書のご送付をお願いさせていただくため、その分時間がかかりますので、お問い合せ時は必ず購入証明書の添付をお願い致します。 *再修理の場合、前回のサポートから1ヶ月経過している場合はお手数をお掛けいたしますが、再度お問い合せフォームよりご連絡をお願い致します。
お問い合せ → 不具合品のご送付 → 検証・メーカー報告(交換品依頼) → 交換品到着後発送 上記の状況となっており、不具合品が弊社へ到着後おおよそ3-5営業日でのご返送となります。 *状況によりメーカーでの検証が必要となり、お時間がかかる場合もございます。 *初期不良の場合、メーカーにもよりますがおおよそご購入日から1-2週間を経過しますと 初期不良としてのご対応が困難となりますので、お手数をお掛けいたしますが、不具合があった場合はお早めにご送付頂ますようお願い致します。 *年末年始、夏季冬季休暇、海外祝日(特にクリスマスシーズン)は、交換品などの到着が遅くなる傾向にございますので、通常より時間を要する場合がございます。 また、検証の結果不具合の確認が出来ない場合や製品を通常使用の範囲外(破損や部品欠損など)の場合につきましては、見積りの発行となる場合がございます。 *開封時からのキズや破損等の場合、購入日から時間が経過しますと、メーカーにて初期不良として判断されないため、お早めにお問い合せ・送付をお願い致します。
弊社製品正規取り扱い店様にて発行されました領収書(レシート)や保証書貼付レシート、通信販売などの場合は商品到着時に同封されている納品書などを必ず保管していただきますようお願い致します。 また、製品保証期間終了後の有償対応時にも正規品確認とし、必要となりますので 必ず保管をお願い致します。 *納品書・レシート・領収書・通信販売などの場合は発送案内メールのコピー(紙) *NG例・・・メールテキストコピーや購入日・販売店様の受付番号のテキストコピー 販売店名記載のない納品書・製品名の記載されていない着払い伝票 サポート時、上記書類のご提示がない場合、購入日の証明確認及び正規店での購入確認が 出来ず、製品保証の適用やサポートが行えませんのでご注意下さい。