レイクブック・等深線

レイクマップを活用する

Deeperのデータ・マネージャー「レイクブック」の導入により今ではパソコン画面でご自身のマッピングデータを見て次回の釣り旅行を計画できるようになりました。たとえ携帯電話が使えなくても、マップデータにはアクセスできるのです。このソフトの使い方はとても簡単です。携帯電話のアプリからマップデータが自動的に転送されますので、「レイクブック」にログインするだけでご自身のマップデータが様々に活用できます。
レイクブックの使い方はこちらをクリックしてください

マップデータの保護について

 データセキュリティーの重要性についてもお任せください。

レイクブック上であなたのデータにアクセスできるのはあなたご自身のみです。
データの使用方法についてご質問がある場合は弊社サポートページをご覧いただきサポートチームまでご連絡ください。

オリジナルのレイクマップを作成する

これまでになくレイクマップの自動作成が楽にできるようになりました。無料のDeeperモバイルアプリがリアルタイムでDeeperのソナーデータを自動加工しl全てやってくれます。ユーザーは簡単にカスタムマップを作り、使用し、無制限に保存することができます。地図は陸釣りの時でもボート釣りの時でも作成できます。

ボートモード

ボートモード(Deeper全種で利用可能)が作動している時には、オフラインマップの上にリアルタイムで湖盆図を連動させて、ユーザーのスマートフォン画面上に直接表示させることができます。この機能はスマートフォンのGPSを使ってユーザーの詳細な位置をセットします。全てのマップが保存されいつでもアクセスすることができます。

陸釣りGPSモード

陸釣りGPSモード(DeeperスマートソナーPRO+のみ)が作動している時には内蔵のGPS受信機が作動しています。陸にいる時にでさえもDeeperデバイスをキャストしたエリアの水底地図を描くことができるのです。

湖盆図の読み方は?

ボートモードが作動している際に現れる地図上の白いラインはスマートフォンのGPS記録と連動し、ボートなどの通った跡を示しています。DeeperスマートソナーPRO+を使い陸釣りGPSモードを作動させている時には、Deeperに内蔵されたGPSが使われており、スマートフォン上もしくはタブレットの画面上でDeeperデバイスのアイコンを追跡できます。地図上のカラフルなスケールは水深の変化を示しています。浅瀬はオレンジで一番深い場所は青で示されています。魚が集まっている主な場所を簡単に確認できます。

無料のオフラインマップはどのように入手する?

Deeperアプリ中のオフラインマップ機能では湖のマッピングとDeeperの全体的なナビ機能をサポートしており、Wi-Fi接続やモバイル通信が無い時にでも、ユーザーがエリアマップを利用できます。オンラインの時にDeeperアプリを使って無料の地図をダウンロードし、スマートフォンに保存するだけで良いのです。Wi-Fi接続がないような辺鄙な場所やインターネット接続が高くつく海外のような場所で使うと良いでしょう。

詳細ナビゲーション

オフラインマップをフルに使い釣り旅行の計画を立てましょう。興味のある場所を全てマークし、車を止まる場所や近くの釣り道具店、前に行った釣りスポットやまだ行ったことのないスポットなどをメモし、お天気をチェックし、素敵なピクニックスポットやレンタル店をチェックしましょう。全ての地図を保存し、いつでもアクセスができるので、好きなだけ情報をストックし、自分だけの正確なマップを作り上げることが可能なのです。オフラインマップを使えば、迷うことがありません。いつでもエリアマップにアクセスでき、どんな環境でもナビが可能になります。